2014年6月1日日曜日

オイルレベルゲージ 骨折

ネットでやはり多数例あり 骨折と表現されている。 

オイルの量を点検したら

レベルゲージが途中で折れた。心金でつながっているのでちぎれていないが交換しよう。
オイルは減っていて先端につく程度
とりあえず補充。

オーバーヒートがわからない件

ミニのセンターメーター
雰囲気の意匠いいね。水温計は左下に
現状は真ん中付近
よく見えます。しかし
こうなるとちょうど隠れてしまう。
この間水温があがっていてもわからず、少しずつクーラントが吹いていって水が減っていた。
気づくまで時間がかかってしまったのでエンジンのダメージが心配だが、復元して吹き返しなどが今のところないのでエンジンはセーフのようだ。

ミニのインダッシュの方は要注意。
 

ラジエーターファンの故障

ファンASSY外れた。
この中に問題のレジスターが入っています。GATEと書いている四角い箱の中は何も入っていません。
 
裏から見たところ巻いてある線が切れています。
抵抗につながる配線を眺めます。
太い赤は青に直結
黒はスルーしてファンへこれはコモンたぶんGND
細い赤は抵抗を通して青へ

太い赤>HI
細い赤>LO(電流制限抵抗を通す)
黒>GND
と想定
黒<>シャシの導通があるためほぼGNDコモンでいいと思う。
で修理する部品が手元に無いので暫定措置としてLOの動作温度で何も回らないことを回避することにした。

この部品は単体では(基本は)手に入らず
FANASSYで交換となる。
純正部品で6万くらいする。ファンは壊れてないのに?また壊れるのに?
この設計の悪い抵抗回路のせいで?

安いアフター品でも2万くらいする。
でもまた壊れる。

外車だから仕方ない?
何万も払い続ける?

なんとかしたいな。

強い抵抗にかえるか、
もとの抵抗値がわからないから調べないとでも新品買わないとわからない。
これは次のステップで。
さ、まずはママが通勤に安心して乗れるように

いらない抵抗から配線を切断


この3本をすべてにぎる。

絶縁して固定

措置完了
これでうまくいくのか


復元して動作確認
エア抜き作業がすごく大変とネットに書いてあるが、あまり苦労しなかった。

エンジン始動
水温低い間ファン回らず
エアコン入れてみた
回り始める(HIのスピードで)
HIかどうかわからないのでLOのリレーを抜いてみる。ファンがとまる。
水温は真ん中付近でワーニングも点いてない。
エンジンを止めてみる。ファンが止まる
LOでの回路でまわってると思われる。冷間からはファンが回らないが、一度回り始めるとずっとHIスピードなので、早く正規に修理したい。運転中はほかの音があるのと室内まではほぼ聞こえないのでファンHIの音は気にならない。

今回は見てのとおり高い部品は無いので出費は無し。
不安はLOの回路の配線が少し細いのでHIの電流には長期間耐えられるかどうか?
LO/HIが独立ヒューズなら容量がたりるかというところ
今のところはまだ平気


外車は壊れる。スタート

果たして外車はよく壊れるのか
壊れると高くつくのか
部品の入手製はどうなのか?
自分で修理できるのか?
を検証しながら修理していきます。

最初のトラブルらしいトラブルが出ました。

発覚の経緯
車を駐車しエンジンを停めた後に電動ファンの音がうるさい。
ファンが回るのは正常だろ?

違った。うるさいファンが回るのは水温が高いからで
水温が高いのは低速側のファンが作動していないから高速側のファンの動作設定温度まで水温が上昇している。

クーラントも少なく軽くオーバーヒートもしていました。

しかし水温上昇もワーニングもまったく認識できませんでした。

ネットで調べると関係ありそうな情報が多く発見できる時代。
およそ当たりをつけて修理作業の開始


分解前



フロントバンパーを外す。
結構簡単

レインフォースを外す
結構簡単
クーラーコンデンサーをずらす。
配管はホースなので、まげても安心
ラジエーターファンを取り出すので、ラジエーターをずらす。
アッパーホースをラジエーターからボルト2本でホース口のフランジ外した。
よくわからず外したので急にクーラントが出てきてあわてた。